お電話でのお問合せは TEL.087-862-6223
交通アクセス

ご利用者の声

ここでは実際にMBSセントラルオフィス入居者している方の声をお届けします。

  • みのる行政書士事務所
  • K4プランニングアンドオペレーション

信用が重要な行政書士事務所を
高松の中心地中央通り沿いの明るいビルに
低コストで開設することができました。

みのる行政書士事務所

代表 行政書士 熊野 実

行政書士/独立

レンタルオフィスに求めたのは信用ある場所にあること

私は行政書士として香川県・愛媛県の交通事故被害者様の後遺症障害認定手続き(被害者請求)を専門に取扱っています。行政書士の仕事は「信用」がとても重要です。そのため事務所を市内の一等地に持つことが不可欠だと考えていました。知人から紹介されたこのMBSセントラルオフィスは高松市の中心地、しかも市内の誰もが知っている中央通りに面した条件に相応しい物件でした。SOHO向けのレンタルオフィスとしてイニシャルコストもランニングコストも抑えられていて、物件を見てすぐに契約しました。

お客様にも喜ばれる事務所

私のお客様は交通事故被害者の方、つまり一般の方なのでお勤めが終わった夕方以降か土・日・祝日に相談にお見えになることが多いです。レンタルオフィスの中には使用時間に制限がある物件も多かったのですが、MBSセントラルオフィスは365日24時間使用可なので業務に全く支障がでません。今借りているオフィス自体は小さなスペースですが、来客時には個室の貸し会議室も使えますし、歯科医院や塾なども入っているビルなので「場所もわかりやすいしビルも明るいので相談に行きやすい」とお客様からも喜ばれています。

相談できる居心地の良さ

設備面ではデジタル複合機を有効活用させていただいています。行政書士という仕事柄、各種書類などをスキャニングしてデータとして管理したりプリントしたりすることが多いので大変助かっています。
また、オンドル式の冷暖房もそうなのですが、オーナーさんも同じフロアに事務所を構え同じ場所で働いていらっしゃるので、ユーザーの気持ちを良く汲んでいただけます。オーナーさんが気軽に相談できる距離感でいてくれるのもオフィスの居心地の良さに繋がっていると思います。

フリーランスにも事務所は重要。
故郷にレンタルオフィスを持ち
香川県でもビジネスが広がっています。

K4プランニングアンドオペレーション

代表 片桐 憲作

フリーランス/高松に拠点を

コストで断念していた事務所開設

フリーランスとして広告のディレクションやライティングを行っています。東京の案件が中心ですが、最近では地元香川県での仕事も増えてきました。もちろん事務所を持ちたかったのですが一般的な賃貸事務所だと初期費用が馬鹿にならないですよね。それで、事務所は一旦諦めコワーキングスペースなどを利用したりしていました。コワーキングスペースは賃貸事務所に比べ異業種間交流など刺激的な面もありました。ただ対クライアント様という点ではデメリットも多く、やはり事務所重要という考えは変わらなかったですね。

レンタルオフィスに出会って

そんな時、中学時代の先輩から「高松で仕事をするなら賃貸事務所じゃなくてレンタルオフィスはどう?中央通りにいいレンタルオフィスがあるよ」とMBSセントラルオフィスを紹介していただきました。高松にもレンタルオフィスがあるなんて実は知らなかったんです。早速内覧させていただいたところ想像以上に明るくてキレイで静かなオフィス環境が気に入りました。またクライアント様の会社がある高松市のメインストリート中央通り沿いという好立地、契約は即決でした。イニシャルコストが安く抑えられるレンタルオフィスは非常にありがたかったです。

フリーランスでも拠点を持つ重要性

実際にレンタルオフィスを契約して良かったのはクライアント様から、事務所を持っている方が安心して紹介できるよと仰っていただけたことですね。フリーランスという働き方が認知されて来たとは言え、地方ではオフィスを構えていないとまだまだ信用が弱くなる気がします。オフィスを持ったことでお客様から別のお客様を紹介いただく機会も増え、ビジネスチャンスが大きく広がっています。自分の故郷香川県での案件がこれからもっと増えると嬉しいですね。